未分類」カテゴリーアーカイブ

美白を目指すならまず洗顔から

お肌を白くきれいな状態にするために、紫外線に肌をさらさないようにしたり、美白化粧水を活用するという方は大勢います。美白ケアに大事なことは、肌トラブルの起きないような洗顔の仕方を知ることです。美白のきれいな肌を手に入れるためには、毎日の洗顔に気を配る必要があります。美白のために洗顔がどう関わっているかと不思議に感じる人もいるようですが、洗顔を正しく行うことは非常に大事なことです。美白というのは、文字通り白くて美しい肌、透き通るような美しい肌を美白というのです。

この美しいお肌を手に入れるためには、美白化粧水を使うことももちろん大切ですが、まずはお肌の皮脂や汚れなどを綺麗に落とすことが大切です。上質な化粧水をつける前には、皮膚に不要なものが何も残っていないことが肝心です。毛穴の中まで汚れも何も残っていない状態にしておくことで、化粧水をつけた時に美白成分が皮膚へと入っていけます。スキンケアは肌の外側からの見た目を綺麗にするだけでなく、洗顔をすることで汚れが落ちて、綺麗な透き通る美肌を手に入れられるというわけです。

美白ケアの重要なポイントとして紫外線対策があることはもちろんですが、日焼けどめクリームを使う前に洗顔の方法を把握しておくことが重要になります。美白と洗顔ってあまり関係のないように思えますが、とても大切な関係があるので、毎日のスキンケアを怠らないようにしましょう。美白を目指している方はしっかりと洗顔をすることで、くすみやシミのケアにもなるので、丁寧な洗顔を続けることをおすすめします。

正しい洗顔で美白の肌を手にいれる

正しい洗顔法によって肌の乾燥やニキビを防止すれば、美白の肌を手に入れることができます。美白に有効な方法とは、適切な洗顔をした上で、美白成分を皮膚へと浸透させることです。化粧汚れや、皮脂汚れを洗い落とすことが、洗顔の第一の目的です。しかし、皮膚をこすりすぎたり、洗浄力の強い洗顔料を使いすぎて、皮膚に必要な成分まで除去してしまうことがあります。肌に必要なものまで洗い流してしまうと、乾燥やニキビの原因になってしまい、美白どころでは無くなってしまいます。

弾力のある細かい泡をつくって顔を洗います。泡立てネットなどを活用すると簡単に泡が作れます。まず最初はTゾーンや顎など皮脂が多い部分から洗顔し始めて、指が肌に触れないように洗うのがポイントです。皮膚を摩擦しないように気をつけて、特に唇や目の周囲の皮膚は繊細なので負担がかからいないようにします。洗顔料で洗ったら、ぬるま湯で入念にすすぎます。泡が顔に残らないように注意して、20回以上はすすぎましょう。すすぎ終わったら、吸水性のいいタオルを顔に押しつけるようにして、皮膚をこすらずに水分だけ吸わせます。洗顔後の肌から水分が蒸発するときに角層の水分が失われ乾燥しやすくなってしまい美白が遠のいてしまいます。美白を意識してスキンケアをする場合は、洗顔をしっかり行うことです。

また洗顔の他にもディープクレンジングを定期的に行うのも効果的です。
ディープクレンジングの頻度はどのくらい?
ここではディープクレンジングの頻度や方法効果について詳しく紹介していましたよ。

ビタミンCのサプリメントの飲み合わせについて

普段から日常的に、ビタミンCのサプリメントを飲んでいるという方も多いのではないでしょうか。ビタミンCのサプリメントは、気軽に使えるという利点がありますが、飲み合わせには要注意です。相性の悪いサプリメント同士を同時に摂取すると、片方のサプリメントの効果が弱まったり、強くなりすぎたりします。特にビタミンCのサプリメントでは、エストロゲンとの飲み合わせがあまり良くありません。

エストロゲンは、更年期障害や骨粗しょう症の改善が期待される成分ですが、これらを一緒に飲む事によってそれぞれの効果が減ってしまうとされています。ビタミンCと、エストロゲンは、一緒に摂取しないように注意をする必要があります。悪い飲み合わせもあれば逆に、良い飲み合わせもあります。ビタミンCは、コラーゲンと一緒に摂取することで、より効果をアップさせてくれるといいます。ビタミンCと、コラーゲンを併用することで、コラーゲンのいいところと、ビタミンCのいいところが補い合ってくれるのです。

普通の薬と同じようにビタミンCのサプリメントにも、飲み合わせに注意する必要があります。気になる場合には、そのサプリメントを購入する前に薬剤師に飲み合わせの良し悪しについて聞いてみても良いでしょう。ビタミンCのサプリメントを使う時には、一緒に飲むことになっている薬やサプリメントについて確認しておく必要があります。

ビタミンCのサプリメントの副作用について

ビタミンCのサプリメントは人気のある商品で健康維持に役立つものですが、副作用は気にしなくても良いのでしょうか。サプリメントは健康食品として販売されているので、副作用はないという印象があります。体によくない影響が出ることがあるサプリメントも、ないわけではないので要注意です。より確実に健康効果を得たいからという理由で、規定量よりも多いビタミンCのサプリメントを飲もうとする人もいます。仮に、多めにビタミンCを体内に取り入れたとしても、余剰分は水に溶け出す性質がありますので、水溶性のビタミンCなら大きな問題は起きません。あまりにも過剰に摂取した場合には、腸の働きが活発になりすぎて下痢になったり、人によっては吐き気をもよおすこともあるようです。

サプリメントの利用方法を間違わなければ、ビタミンCは健康の維持だけでなく、美肌やアンチエイジングに役立つものです。人体は、常に脅威にさらされています。加齢やストレスで発生する活性酸素や、不健康な生活、紫外線の影響などです。健康に体を保つためには、ビタミンCを体内に補うことで、活性酸素が身体を脅かすことがないように働きかけます。皮膚へと送られるビタミンCの量が少ないと、コラーゲンの効率的な生成が難しくなって、肌の調子が悪くなります。加齢による影響を感じず、若々しいお肌でありたいという人は、サプリメントなどでビタミンCを補給し続けるといいでしょう。サプリメントでビタミンCを摂取する時には食事と同じようにこまめに摂って、体の中に常にビタミンCがある状態にするのがポイントです。

毛穴レスな男の肌作りには酵素洗顔がおすすめ!

老化が気になる人にはアスタキサンチンのサプリメントがおすすめ

老化防止の鍵となる成分アスタキサンチンはサプリメントで摂取するのがお勧めです。美容成分として近年注目されている成分であるアスタキサンチンですが、どのような働きをするのでしょうか。エビ、カニ、イクラ、鮭には赤い成分が含まれていますが、これがアスタキサンチンであり、カロチノイドに分類されます。抗酸化力が高いことがアスタキサンチンの特色であり、老化を未然に防ぐ作用があると言われている成分です。活動エネルギーを生成するには、食事などで補給したカロリーを酸素で燃焼させる過程が必要になっています。

カロリーを燃やすための酸素であるうちはいいのですが、一部が活性酸素の状態になって身体に留まると、有害な存在になってしまいます。正常な細胞が攻撃されると酸化が進み、酸化した細胞が老化を進めてしまうため、いかに活性酸素を除去するかが老化防止の鍵となります。老化が気になる人によく利用されているのは、抗酸化力のあるアスタキサンチンのサプリメントというわけです。抗酸化力のあるアスタキサンチンを体内に取り入れることで、免疫力の向上をはかったり、肌のしみやたるみを解消したりという作用が得られます。年齢による影響が身体にあらわれてきたと思うようになったら、摂取量を増やしたいですが、食事での確保は困難です。

サプリメントでアスタキサンチンを摂取することができれば、食事だけでは体内に取り入れることが難しい成分でも気軽に補給することが可能になります。年齢を重ねても、身体を老化させたくないという人は、アスタキサンチン以外のアンチエイジングの成分も併用されているサプリメントを使うといいでしょう。

アスタキサンチンの効果とサプリメントで摂取する利点について

年齢を重ねるにつれ身体の老化は避けがたいことですが、アスタキサンチンである程度抑えられます。アスタキサンチンは、生活習慣病の対策や、美肌効果、痩身効果も得られることから、サプリメントで摂取している人もいます。アスタキサンチンの抗酸化力は、細胞内部にまで作用するものであり、ビタミンEや、βカロテンの抗酸化力の高さとは、少し違っています。アスタキサンチンは細胞膜を突破する性質があるため、目や、脳の老化予防にも効果があり、目の疲れや、認知症対策にも注目されています。アスタキサンチンの1日の摂取量は3~6ミリグラムとされており、食品で考えると紅鮭2切れ、エビだと10匹程度が目安になります。紅鮭もエビも特別な食材ではありませんが、料理して摂取するデメリットは、食材に含まれている塩分をとりすぎてしまう恐れがあることです。

塩分は、多くなりすぎないようにすることが大事です。また、魚介類を食べる時には醤油などを使うことも多いので、結果的に塩分量が多くなってしまうことがあります。サプリメントを利用するメリットは、目的となる栄養素以外の成分を過剰に摂りすぎることなく、栄養補給ができることです。アスタキサンチンは、体内に取り入れてから効果を発揮するまでに7時間ほど必要なので、朝と夜にサプリメントを飲むようにするといいでしょう。朝と夜にアスタキサンチンのサプリメントで摂取して、なおかつ食事中か食後に摂取すると、一番効率よく吸収できます。アスタキサンチンは脂溶性のためサプリメントで摂取するタイミングは、食事中や食後の胃で消化が行われている時が効果的といわれています。

化粧落としのおすすめ

サプリメントを利用して中性脂肪を減らす方法

中性脂肪を減らすために、サプリメントで必要な栄養素を摂取するという方法があります。近年では、食習慣が変化したことで、米と焼き物や煮物で構成されていた食事から、パンとスープと肉料理といった、カロリーの高い食事を摂る人が増加しています。長距離の移動手段が確保されたり、荷物の運搬や、日々のちょっとした作業などで人手がなくてもよくなったことが、消費カロリー量を少なくしています。体重増加に悩む人が多い背景には、高カロリーの食事をする機会が増えた反面、カロリーを使う活動の機会が減少していることがあります。

体内に取り入れたカロリーが、使うあてがなければ中性脂肪として蓄積されますので、多すぎると体重を増やす要因になってしまいます。中性脂肪が体内に増加しすぎると、下腹部や、下半身など皮下脂肪が蓄積しやすい場所の体脂肪が多くなり、体重が増えて、肝臓や心臓や血管などの負担になります。中性脂肪の増加を防ぐためには、運動量を増やして1日に消費するカロリー量を多くしたり、DHAやEPAなどを含む青魚を摂取して、中性脂肪の燃焼を促進することが重要になります。食べるものを見直して、運動の習慣を生活の中に取り入れることは、やるべきだと頭ではわかっていても、実現が難しいものです。

特に忙しい人は、中性脂肪対策をつい後回しにしてしまいがちです。中性脂肪を少なくしたいという人は、サプリメントで、中性脂肪に働きかける成分を取り入れるという方法があります。サプリメントを用いることで、体内の中性脂肪量を減らす効果をコンスタントに得続けるというアプローチがあります。毎日の食事でEPAやDHAを摂取し続けることは大変ですが、その点サプリメントなら、確実に補給することが可能になります。携行に便利で、出先でも思いついた時にサプリメントを摂取することができますので、多忙な日程の中で行動しているような人でも実践が可能です。

中性脂肪が気になる人にお勧めのサプリメント

体内の中性脂肪を減らすために、サプリメントを日常的に利用しているという人は少なくありません。健康増進に効果を発揮する栄養素をサプリメントで摂取することで、健康的な身体になりたいものです。中性脂肪を減らす作用があるという栄養を確実に体内に取り入れるには、サプリメントを使うやり方が適しています。体にたまった中性脂肪を減らすためには、毎日の食事で魚を積極的に摂ることと、適度な運動が大事になります。運動をすることと、食事の見直しが健康のためには重要だと知られてはいますが、実行するのは大変です。運動はしたくなし、食事も大幅に変えたくないという人は、サプリメントを使ってみてください。

DHA、EPAという成分が、中性脂肪対策に有効だと言われています。それぞれドコラエキサエン酸、エイコサペンタエン酸と呼ばれています。DHAも、EPAも、豊富に含んでいるのはマグロやアジ、イワシなど、背の青い魚ばかりです。サプリメントでDHAや、EPAを確保し、中性脂肪を少なくして、健康状態の改善を目指したいですが、知っておきたいことがあります。安価なサプリメントもありますが、含有量が少ないと効果が期待できなくなるため、サプリメント商品の表記を確かめることが必要です。

DHAや、EPAは、魚を原材料にしてサプリメントを作成しています。しかし、その魚が何を食べた後の魚だったのかを知る方法はないといってもいいでしょう。信頼性の高いサプリメントを探そうとすれば、大手メーカーが手がけている商品になりがちですので、サプリメントを買う時には、多方面から検討してみてください。

澄肌漢方堂の効能は?

リコピンを効率よく摂取するには?加工食品がおすすめなの?

日本にはトマトが好きな方が多いように感じます。そのため、トマトを使った加工品も多く発売されており、ケチャップ、トマトピューレ、トマトジュースなど色々な商品が発売されています。パスタのソース何かでもトマト味のソースはかなり多くの商品がありますよね。

トマトにはリコピンが多く含まれており、活性酵素やメラニンの生成を抑えるなどの嬉しい効果があるというのは有名な話です。そのため、毎日たくさんトマトを食べていると言う人も多いでしょう。私の友人も一日に数個のトマトを食べることを習慣にしている人が何人かいます。サラダなどで簡単に摂取することが出来るので、お手軽に摂取できますね。

しかし、実はその食べ方はリコピンの摂取方法としてはあまり効果が期待できないのです。リコピンは生トマトよりもケチャップなどの加工食品からのほうが多く摂取出来ることが分かっています。さらにリコピンの摂取量を上げるなら、牛乳や油を一緒にとることや、これらの材料を使って調理する事が必要になります。これだけで吸収率があがるのですね。

朝食にトマトを食べているという方は、トマトジュースを牛乳で割ったものに変えたりするのもいいでしょう。また、トマトソースのパスタやリゾットなどを積極的にとりいれるのもリコピンを摂取するには良い方法だと思います。おしゃれな食べ物として女子力のアップにもなるかもしれませんね。これらのリコピンの特徴を踏まえて、効率よくリコピンを摂取していきましょう。

その他のおすすめレシピ

保湿効果を得るためには積極的に効果のある食材をとりいれなければいけません。

まず簡単に取り入れられるのが、大豆類です。大豆にはたんぱく質が多く含まれており、食物繊維についても簡単にとることができます。乾燥肌や、便秘に悩む人は大豆などの食物繊維を積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか?納豆なら一品として追加するだけで十分ですし、ひじきの煮物に気持ち多めに大豆を入れるなどの工夫で簡単にいつもの食卓に取り入れることができます。

このほかにはトマトサラダに卵を加えたものや、肉料理などもおすすめの料理です。肉料理に関しては大根と鶏肉の煮物なんかが保湿効果を得るためにはおすすめの料理になります。いまだに肉料理に関しては、太ってしまうという印象をもたれているかたが多いですが、たんぱく質は体を作る源となる大事な成分です。積極的に取り入れていくのがおすすめですよ。

リコピンの効果って知ってますか?

ダイエットが上手くいってスタイルには自信が出てきたけど、美肌には自信がない。肌が白くならない。
ちょっと外出しただけで、びっくりするほど日焼けしてしまった。など、肌が白くならないことで悩んでいる人は多いと思います。私も以前からお肌の悩みはつきません。

ですが最近は、欧米などでは真っ白の肌より少し日焼けした肌が好まれるようですね。その影響で日本でも白い肌を目指す人は少し少なくなりましたが、それでもやぱり白い肌には憧れてしまいます。海外のセレブは日焼けして小麦色の肌をしているという話をよく聞きますが、テイラースイフトの人気を見ても分かるとおり、やはり色白へのある種信仰のようなものはまだまだ根強く残っているのではないでしょうか?

やっぱり今でも理想としては白くてキメの細かい肌が理想像と言う人は多いと思います。では白くてキメの細かい肌を目指すには何が必要なのでしょうか?これには美肌効果のある栄養素が必要不可欠です。

リコピンの抗酸化作用

肌に良い成分としてはビタミンなどがよく取り上げられますよね?しかし、ビタミンはその種類も豊富ですし、ビタミン以外にも目を向けなければいけない成分は山ほどあります。その他に積極的に摂りたいのがリコピンです。最近ではTVや雑誌の特集などで目にする事が増えたので、あなたも見聞きしたことがあると思います。このリコピンはトマトに多く含まれる事で有名です。真っ赤な色でコロンとした見た目が可愛くて、夏の代表的な食材の一つです。このトマトにはすごい効果が秘められているんですよ。

トマトには抗酸化作用がありますが、なんとビタミンEの100倍ほどの抗酸化力があると言われています。トマトが赤くなると、医者が青くなるという言葉が有名ですが、言葉通りの効果をもった野菜なんです。もちろんメラニンの生成を抑えてシミの原因を防ぐという効果もありますので、日焼けの時期にはうってつけの食材です。

毎食に使っても飽きずに食べれる食材ですので、積極的にトマトを食卓に取り入れましょう。

クレンジングオイルのおすすめ商品と使いかたについてはこちらで紹介しています。
興味のある方はどうぞ
クレンジングオイルStyle | おすすめオイルと使い方について

日焼けした肌には抹茶が効果的なの?

一つ質問です。あなたが毎日もっとも口にする飲み物といえばなんですか?
人によって様々なお気に入りのドリンクがあるでしょう。
いつも運動しているから、ミネラルウォーターやスポーツドリンクを飲んでいる。
リラックスするために、コーヒーや紅茶を作っている。
など人によってお気に入りのドリンクは違います。

以前は炭酸飲料や果実飲料が好まれていましたが、最近では健康志向の高まりの影響でこれらの売り上げは落ちているようですね。水分補給には糖分の入っていない炭酸水やミネラルウォーター、お茶などが定番の飲み物といえそうです。

もちろん水分補給をするだけならこれらの飲み物で問題はありませんが、美肌効果など肌のことまで考えるとこれらの飲み物では足りません。

抹茶は栄養分が豊富!

そんな時におすすめなのは抹茶です。抹茶はそれほど馴染みがない人も多いかもしれませんが、どこでも購入できるので生活に取り入れやすい飲み物です。

抹茶には、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどの栄養素を豊富に含んでいますが、これらの栄養素は美肌にとって大切なものばかりですよね。ビタミンAとビタミンEには肌の再生作用がありますし、メラニンの生成を抑えるためにビタミンCも重要です。

そのため、毎日の定番ドリンクに抹茶を加えるのはとってもおすすめです。抹茶を常飲するようになれば、たまに油断して日焼けしてしまっても肌の再生が進みみるみる元通りになっていきます。これらの3つの栄養素を安定して摂取するには、かなり気を使わなければいけませんし、経済的にも厳しい場合があります。こういったことを考えると抹茶でビタミンの栄養素を補うのはとっても手軽でおすすめなのです。暑くなる夏の時期には抹茶を常飲する習慣をつけておくといいかもしれませんね。

ミスト化粧水のおすすめについて

昼間の乾燥肌におすすめしたいのが、ミスト化粧品を使っての保湿です。これは化粧直しをするときについでにやってしまうのが簡単で効果的ですね。なぜミストタイプがお勧めなのかというと、化粧の上からミストをふりかけてもメイク崩れの心配がないからです。

特に資生堂のdプログラムなどは日中用に開発されたもので、使いやすいですね。一般的な化粧水と違ってなかなか蒸発しにくいので乾燥を防ぐのには効果的です。このほかにも雪肌シリーズなんかもおすすめです。ひとふきで肌に潤いを与えることができ、日中の乾燥を防ぐことができます。

 

日焼け時は食品添加物に要注意です

こまめに日焼け止めクリームを塗ってるのになぜか日焼けしてしまう。なんで効果が感じられないんだろう?
まだ夏も本番になっていないのにすでにガッツリ日焼けしてしまって、肌の露出が恥ずかしい。
これらは、夏になると気になるポイントですよね。日焼けしやすい人は毎年頭を悩ませてしまいますよね。

女性として美しくあるためには、ある程度肌のことを考えるのは必須です。紫外線対策をきっちり行ったり、睡眠をしっかりとるなど色々な方法で頑張っていると思います。日焼け止めや日傘、日焼け対策用のサプリなど色々なグッズがありますが、これらを意識して使用しているのに自分だけが日焼けしてしまうのはどうしてなんでしょうか?

同じ商品を使用している人との違いが出るのはなおさら不思議ですよね。
そんな時にはこれを見直してみようというものがあります。何だかわかりますか?
こたえは食品添加物です。あまりに身近な成分ですので自炊以外では防ぐことは難しいですよね。外食の多い人なんかは日常的に摂取してしまってるでしょう。

食品添加物の作用とは?

食品添加物は老化の促進をすると有名なものですが、実は気になることは老化の促進だけではありません。他の気になるポイントとしては、メラニンを多く生成するところでしょうか。食品添加物は肌の新陳代謝を妨げたり、メラニンを生成することでシミを多く作り出すことでも知られています。食品添加物は今では外食チェーンやコンビニ、スーパの商品など至る所で使われています。自炊がめんどうな時には強い味方となるスーパーのお惣菜ですが、それが日焼けの原因になってしまうかもしれません。

完全に食品添加物を摂らないというのは難しいかもしれませんが、極力避けるようにはしておきましょう。間違っても、インスタント商品やコンビニのパンだけで食事を済ませないようにしましょうね。

就寝前の保湿を大切に

P.M.10時からA.M.2時までは、肌のゴールデンタイムと呼ばれていますよね。この時間にきちんと睡眠をとることによって、女性ホルモンの効果的な作用が得られるといわれています。バストアップに取り組む人なんかもこの時間に良質な睡眠をとる事が推奨されていますね。

肌に関していえばこの時間は新陳代謝が活発になり、昼間に受けた肌のダメージを修復してくれる時間になります。このゴールデンタイムの睡眠はとても大事なものですね。

また寝ている間には大量の汗をかくといわれており、その量はコップ一杯分とも言われています。どんどん乾燥してしまうので就寝前の肌の保湿ケアはとても大事な作業です。

日焼けの肌トラブルを促進する4つの成分とは?

せっかくみんなでプールに行く予定があるのに、とても日焼けしていて水着を着るのが恥ずかしい・・
いつもきっちり日焼け対策を行っているのに、なぜだかいつも焼けてしまう・・
など、日焼けで悩んでいる方はとても多いと思います。

紫外線は日焼けの元となる女性の大敵ですよね。肌にダメージを与えた上に、日焼けして黒くなってしまうしシミも出来てしまうと散々です。それを受けて、薬局やドラッグストアではかなりのかずの紫外線対策商品が発売されていますが、これをつかっても100%防ぐのは難しいです。かならずなんらかの影響は受けてしまいます。

しかし、日焼けも人それぞれで、日焼け対策商品の効果を感じられないという方は、もしかすると日焼け時にあまり良くない成分を摂取している可能性があります。紫外線の強い季節には避けた方が良い成分があるのをしっていますか?ここでは代表的な4つの成分を紹介します。

気をつけたい4つの成分

その4つの成分とは、アルコール、ソラレン、食品添加物、薬の副作用です。アルコールは結構を促進する作用があるため、いつもより日焼けの炎症が悪化してしまいます。ソラレンには光毒性があります。そのため、朝ごはんやおやつにフルーツを食べる時は、バナナなどに替えるといいですね。ソラレンは果物や野菜に多く含まれており、みかんやきゅうりが代表的な食材ですね。食品添加物には活性酸素を作り出す作用がありますので、注意しましょう。気づかずに摂取し続けるとよくありませんので、自炊などで対応しましょう。
また、薬の副作用として日光アレルギーが引き起こされることがあります。もちろんすべての人に当てはまるというわけではありませんが、注意しましょう。何らかの薬を常用しているかたは、まめに日焼け止めを使用したり、日傘などで日光を防ぐ工夫をしましょうね。

これらの成分を日ごろから意識しておくことで、日焼けの症状を早目になおすことが出来ますので少し意識してみましょう。

レーザー治療でにきび痕やしみを消す方法

レーザーを使ってお肌をきれいにする美容施術の中には、しみとりや、にきび痕の除去などがあります。お肌のついてのトラブルは色々なものがありますが、にきび痕や、しみも深刻な悩みになりがちです。肌トラブルに悩まされている人の中には、肌のしみができて、実際以上に老けて見えることを挙げる人もいるようです。肌トラブルに悩まされないように、毎日のスキンケアをきちんと行い、しみやくすみのない肌を目指したいものです。

けれども、紫外線によって肌が受けたダメージは少しずつ済み重なって、いずれはしみになって出てきます。年をとるにつれ、紫外線から受けたダメージは形となって現れるようになり、しみという症状を引き起こすようになります。普段から念を入れて手入れをしていたとしても、お肌のしみやにきび痕を、完全になくすことはできません。できてしまったしみや色素沈着は、いいスキンケア用品を使っても、そう簡単にはなくなりません。

しみや、にきび痕には、美容クリニックで受けられるレーザーを当てることで、色素のある部位をやけどのようにします。皮膚に一旦やけどをつくり、やけどがかさぶたになって、自然と剥がれ落ちるころには、新たな皮膚ができるという美容施術になります。レーザーによる美容施術は保健を使えないことも多いので、施術にかかる費用がどのくらいになりそうか、予め確認しておきましょう。

施術の前に無料のカウンセリングを受けて、どんな施術を望んでいるかを伝え、体的な施術方法について話を聞くといいでしょう。

肌のダメージと言えば、デリケートゾーン付近の黒ずみも要注意です。

特に股ずれなどの経験のある方は、黒ずみが目立ってしまいます。
股ずれの原因を知って適切な治療を!
股ずれ防止メモ|かゆみ・痛み・黒ずみを解消しよう!

酷くなる前に適切なケアを行いましょう!