老化が気になる人にはアスタキサンチンのサプリメントがおすすめ

老化防止の鍵となる成分アスタキサンチンはサプリメントで摂取するのがお勧めです。美容成分として近年注目されている成分であるアスタキサンチンですが、どのような働きをするのでしょうか。エビ、カニ、イクラ、鮭には赤い成分が含まれていますが、これがアスタキサンチンであり、カロチノイドに分類されます。抗酸化力が高いことがアスタキサンチンの特色であり、老化を未然に防ぐ作用があると言われている成分です。活動エネルギーを生成するには、食事などで補給したカロリーを酸素で燃焼させる過程が必要になっています。

カロリーを燃やすための酸素であるうちはいいのですが、一部が活性酸素の状態になって身体に留まると、有害な存在になってしまいます。正常な細胞が攻撃されると酸化が進み、酸化した細胞が老化を進めてしまうため、いかに活性酸素を除去するかが老化防止の鍵となります。老化が気になる人によく利用されているのは、抗酸化力のあるアスタキサンチンのサプリメントというわけです。抗酸化力のあるアスタキサンチンを体内に取り入れることで、免疫力の向上をはかったり、肌のしみやたるみを解消したりという作用が得られます。年齢による影響が身体にあらわれてきたと思うようになったら、摂取量を増やしたいですが、食事での確保は困難です。

サプリメントでアスタキサンチンを摂取することができれば、食事だけでは体内に取り入れることが難しい成分でも気軽に補給することが可能になります。年齢を重ねても、身体を老化させたくないという人は、アスタキサンチン以外のアンチエイジングの成分も併用されているサプリメントを使うといいでしょう。

アスタキサンチンの効果とサプリメントで摂取する利点について

年齢を重ねるにつれ身体の老化は避けがたいことですが、アスタキサンチンである程度抑えられます。アスタキサンチンは、生活習慣病の対策や、美肌効果、痩身効果も得られることから、サプリメントで摂取している人もいます。アスタキサンチンの抗酸化力は、細胞内部にまで作用するものであり、ビタミンEや、βカロテンの抗酸化力の高さとは、少し違っています。アスタキサンチンは細胞膜を突破する性質があるため、目や、脳の老化予防にも効果があり、目の疲れや、認知症対策にも注目されています。アスタキサンチンの1日の摂取量は3~6ミリグラムとされており、食品で考えると紅鮭2切れ、エビだと10匹程度が目安になります。紅鮭もエビも特別な食材ではありませんが、料理して摂取するデメリットは、食材に含まれている塩分をとりすぎてしまう恐れがあることです。

塩分は、多くなりすぎないようにすることが大事です。また、魚介類を食べる時には醤油などを使うことも多いので、結果的に塩分量が多くなってしまうことがあります。サプリメントを利用するメリットは、目的となる栄養素以外の成分を過剰に摂りすぎることなく、栄養補給ができることです。アスタキサンチンは、体内に取り入れてから効果を発揮するまでに7時間ほど必要なので、朝と夜にサプリメントを飲むようにするといいでしょう。朝と夜にアスタキサンチンのサプリメントで摂取して、なおかつ食事中か食後に摂取すると、一番効率よく吸収できます。アスタキサンチンは脂溶性のためサプリメントで摂取するタイミングは、食事中や食後の胃で消化が行われている時が効果的といわれています。

化粧落としのおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です