リコピンを効率よく摂取するには?加工食品がおすすめなの?

日本にはトマトが好きな方が多いように感じます。そのため、トマトを使った加工品も多く発売されており、ケチャップ、トマトピューレ、トマトジュースなど色々な商品が発売されています。パスタのソース何かでもトマト味のソースはかなり多くの商品がありますよね。

トマトにはリコピンが多く含まれており、活性酵素やメラニンの生成を抑えるなどの嬉しい効果があるというのは有名な話です。そのため、毎日たくさんトマトを食べていると言う人も多いでしょう。私の友人も一日に数個のトマトを食べることを習慣にしている人が何人かいます。サラダなどで簡単に摂取することが出来るので、お手軽に摂取できますね。

しかし、実はその食べ方はリコピンの摂取方法としてはあまり効果が期待できないのです。リコピンは生トマトよりもケチャップなどの加工食品からのほうが多く摂取出来ることが分かっています。さらにリコピンの摂取量を上げるなら、牛乳や油を一緒にとることや、これらの材料を使って調理する事が必要になります。これだけで吸収率があがるのですね。

朝食にトマトを食べているという方は、トマトジュースを牛乳で割ったものに変えたりするのもいいでしょう。また、トマトソースのパスタやリゾットなどを積極的にとりいれるのもリコピンを摂取するには良い方法だと思います。おしゃれな食べ物として女子力のアップにもなるかもしれませんね。これらのリコピンの特徴を踏まえて、効率よくリコピンを摂取していきましょう。

その他のおすすめレシピ

保湿効果を得るためには積極的に効果のある食材をとりいれなければいけません。

まず簡単に取り入れられるのが、大豆類です。大豆にはたんぱく質が多く含まれており、食物繊維についても簡単にとることができます。乾燥肌や、便秘に悩む人は大豆などの食物繊維を積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか?納豆なら一品として追加するだけで十分ですし、ひじきの煮物に気持ち多めに大豆を入れるなどの工夫で簡単にいつもの食卓に取り入れることができます。

このほかにはトマトサラダに卵を加えたものや、肉料理などもおすすめの料理です。肉料理に関しては大根と鶏肉の煮物なんかが保湿効果を得るためにはおすすめの料理になります。いまだに肉料理に関しては、太ってしまうという印象をもたれているかたが多いですが、たんぱく質は体を作る源となる大事な成分です。積極的に取り入れていくのがおすすめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です