日焼け時は食品添加物に要注意です

こまめに日焼け止めクリームを塗ってるのになぜか日焼けしてしまう。なんで効果が感じられないんだろう?
まだ夏も本番になっていないのにすでにガッツリ日焼けしてしまって、肌の露出が恥ずかしい。
これらは、夏になると気になるポイントですよね。日焼けしやすい人は毎年頭を悩ませてしまいますよね。

女性として美しくあるためには、ある程度肌のことを考えるのは必須です。紫外線対策をきっちり行ったり、睡眠をしっかりとるなど色々な方法で頑張っていると思います。日焼け止めや日傘、日焼け対策用のサプリなど色々なグッズがありますが、これらを意識して使用しているのに自分だけが日焼けしてしまうのはどうしてなんでしょうか?

同じ商品を使用している人との違いが出るのはなおさら不思議ですよね。
そんな時にはこれを見直してみようというものがあります。何だかわかりますか?
こたえは食品添加物です。あまりに身近な成分ですので自炊以外では防ぐことは難しいですよね。外食の多い人なんかは日常的に摂取してしまってるでしょう。

食品添加物の作用とは?

食品添加物は老化の促進をすると有名なものですが、実は気になることは老化の促進だけではありません。他の気になるポイントとしては、メラニンを多く生成するところでしょうか。食品添加物は肌の新陳代謝を妨げたり、メラニンを生成することでシミを多く作り出すことでも知られています。食品添加物は今では外食チェーンやコンビニ、スーパの商品など至る所で使われています。自炊がめんどうな時には強い味方となるスーパーのお惣菜ですが、それが日焼けの原因になってしまうかもしれません。

完全に食品添加物を摂らないというのは難しいかもしれませんが、極力避けるようにはしておきましょう。間違っても、インスタント商品やコンビニのパンだけで食事を済ませないようにしましょうね。

就寝前の保湿を大切に

P.M.10時からA.M.2時までは、肌のゴールデンタイムと呼ばれていますよね。この時間にきちんと睡眠をとることによって、女性ホルモンの効果的な作用が得られるといわれています。バストアップに取り組む人なんかもこの時間に良質な睡眠をとる事が推奨されていますね。

肌に関していえばこの時間は新陳代謝が活発になり、昼間に受けた肌のダメージを修復してくれる時間になります。このゴールデンタイムの睡眠はとても大事なものですね。

また寝ている間には大量の汗をかくといわれており、その量はコップ一杯分とも言われています。どんどん乾燥してしまうので就寝前の肌の保湿ケアはとても大事な作業です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です