日焼けの肌トラブルを促進する4つの成分とは?

せっかくみんなでプールに行く予定があるのに、とても日焼けしていて水着を着るのが恥ずかしい・・
いつもきっちり日焼け対策を行っているのに、なぜだかいつも焼けてしまう・・
など、日焼けで悩んでいる方はとても多いと思います。

紫外線は日焼けの元となる女性の大敵ですよね。肌にダメージを与えた上に、日焼けして黒くなってしまうしシミも出来てしまうと散々です。それを受けて、薬局やドラッグストアではかなりのかずの紫外線対策商品が発売されていますが、これをつかっても100%防ぐのは難しいです。かならずなんらかの影響は受けてしまいます。

しかし、日焼けも人それぞれで、日焼け対策商品の効果を感じられないという方は、もしかすると日焼け時にあまり良くない成分を摂取している可能性があります。紫外線の強い季節には避けた方が良い成分があるのをしっていますか?ここでは代表的な4つの成分を紹介します。

気をつけたい4つの成分

その4つの成分とは、アルコール、ソラレン、食品添加物、薬の副作用です。アルコールは結構を促進する作用があるため、いつもより日焼けの炎症が悪化してしまいます。ソラレンには光毒性があります。そのため、朝ごはんやおやつにフルーツを食べる時は、バナナなどに替えるといいですね。ソラレンは果物や野菜に多く含まれており、みかんやきゅうりが代表的な食材ですね。食品添加物には活性酸素を作り出す作用がありますので、注意しましょう。気づかずに摂取し続けるとよくありませんので、自炊などで対応しましょう。
また、薬の副作用として日光アレルギーが引き起こされることがあります。もちろんすべての人に当てはまるというわけではありませんが、注意しましょう。何らかの薬を常用しているかたは、まめに日焼け止めを使用したり、日傘などで日光を防ぐ工夫をしましょうね。

これらの成分を日ごろから意識しておくことで、日焼けの症状を早目になおすことが出来ますので少し意識してみましょう。

レーザー治療でにきび痕やしみを消す方法

レーザーを使ってお肌をきれいにする美容施術の中には、しみとりや、にきび痕の除去などがあります。お肌のついてのトラブルは色々なものがありますが、にきび痕や、しみも深刻な悩みになりがちです。肌トラブルに悩まされている人の中には、肌のしみができて、実際以上に老けて見えることを挙げる人もいるようです。肌トラブルに悩まされないように、毎日のスキンケアをきちんと行い、しみやくすみのない肌を目指したいものです。

けれども、紫外線によって肌が受けたダメージは少しずつ済み重なって、いずれはしみになって出てきます。年をとるにつれ、紫外線から受けたダメージは形となって現れるようになり、しみという症状を引き起こすようになります。普段から念を入れて手入れをしていたとしても、お肌のしみやにきび痕を、完全になくすことはできません。できてしまったしみや色素沈着は、いいスキンケア用品を使っても、そう簡単にはなくなりません。

しみや、にきび痕には、美容クリニックで受けられるレーザーを当てることで、色素のある部位をやけどのようにします。皮膚に一旦やけどをつくり、やけどがかさぶたになって、自然と剥がれ落ちるころには、新たな皮膚ができるという美容施術になります。レーザーによる美容施術は保健を使えないことも多いので、施術にかかる費用がどのくらいになりそうか、予め確認しておきましょう。

施術の前に無料のカウンセリングを受けて、どんな施術を望んでいるかを伝え、体的な施術方法について話を聞くといいでしょう。

肌のダメージと言えば、デリケートゾーン付近の黒ずみも要注意です。

特に股ずれなどの経験のある方は、黒ずみが目立ってしまいます。
股ずれの原因を知って適切な治療を!
股ずれ防止メモ|かゆみ・痛み・黒ずみを解消しよう!

酷くなる前に適切なケアを行いましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です