リコピンを効率よく摂取するには?加工食品がおすすめなの?

日本にはトマトが好きな方が多いように感じます。そのため、トマトを使った加工品も多く発売されており、ケチャップ、トマトピューレ、トマトジュースなど色々な商品が発売されています。パスタのソース何かでもトマト味のソースはかなり多くの商品がありますよね。

トマトにはリコピンが多く含まれており、活性酵素やメラニンの生成を抑えるなどの嬉しい効果があるというのは有名な話です。そのため、毎日たくさんトマトを食べていると言う人も多いでしょう。私の友人も一日に数個のトマトを食べることを習慣にしている人が何人かいます。サラダなどで簡単に摂取することが出来るので、お手軽に摂取できますね。

しかし、実はその食べ方はリコピンの摂取方法としてはあまり効果が期待できないのです。リコピンは生トマトよりもケチャップなどの加工食品からのほうが多く摂取出来ることが分かっています。さらにリコピンの摂取量を上げるなら、牛乳や油を一緒にとることや、これらの材料を使って調理する事が必要になります。これだけで吸収率があがるのですね。

朝食にトマトを食べているという方は、トマトジュースを牛乳で割ったものに変えたりするのもいいでしょう。また、トマトソースのパスタやリゾットなどを積極的にとりいれるのもリコピンを摂取するには良い方法だと思います。おしゃれな食べ物として女子力のアップにもなるかもしれませんね。これらのリコピンの特徴を踏まえて、効率よくリコピンを摂取していきましょう。

リコピンの効果って知ってますか?

ダイエットが上手くいってスタイルには自信が出てきたけど、美肌には自信がない。肌が白くならない。
ちょっと外出しただけで、びっくりするほど日焼けしてしまった。など、肌が白くならないことで悩んでいる人は多いと思います。

最近は、欧米などでは真っ白の肌より少し日焼けした肌が好まれるようですね。その影響で日本でも白い肌を目指す人は少し少なくなりましたが、それでもやぱり白い肌には憧れてしまいます。

やっぱり今でも理想としては白くてキメの細かい肌が理想像と言う人は多いと思います。これには美肌効果のある栄養素が必要不可欠です。

リコピンの抗酸化作用

肌に良い成分としてはビタミンなどがよく取り上げられますが、その他に積極的に摂りたいのがリコピンです。最近ではTVや雑誌の特集などで目にする事が増えたので、あなたも見聞きしたことがあると思います。このリコピンはトマトに多く含まれる事で有名です。真っ赤な色でコロンとした見た目が可愛くて、夏の代表的な食材の一つです。このトマトにはすごい効果が秘められているんですよ。

トマトには抗酸化作用がありますが、なんとビタミンEの100倍ほどの抗酸化力があると言われています。トマトが赤くなると、医者が青くなるという言葉が有名ですが、言葉通りの効果をもった野菜なんです。もちろんメラニンの生成を抑えてシミの原因を防ぐという効果もありますので、日焼けの時期にはうってつけの食材です。

毎食に使っても飽きずに食べれる食材ですので、積極的にトマトを食卓に取り入れましょう。

日焼けした肌には抹茶が効果的なの?

一つ質問です。あなたが毎日もっとも口にする飲み物といえばなんですか?
人によって様々なお気に入りのドリンクがあるでしょう。
いつも運動しているから、ミネラルウォーターやスポーツドリンクを飲んでいる。
リラックスするために、コーヒーや紅茶を作っている。
など人によってお気に入りのドリンクは違います。

以前は炭酸飲料や果実飲料が好まれていましたが、最近では健康志向の高まりの影響でこれらの売り上げは落ちているようですね。水分補給には糖分の入っていない炭酸水やミネラルウォーター、お茶などが定番の飲み物といえそうです。

もちろん水分補給をするだけならこれらの飲み物で問題はありませんが、美肌効果など肌のことまで考えるとこれらの飲み物では足りません。

抹茶は栄養分が豊富!

そんな時におすすめなのは抹茶です。抹茶はそれほど馴染みがない人も多いかもしれませんが、どこでも購入できるので生活に取り入れやすい飲み物です。

抹茶には、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどの栄養素を豊富に含んでいますが、これらの栄養素は美肌にとって大切なものばかりですよね。ビタミンAとビタミンEには肌の再生作用がありますし、メラニンの生成を抑えるためにビタミンCも重要です。

そのため、毎日の定番ドリンクに抹茶を加えるのはとってもおすすめです。抹茶を常飲するようになれば、たまに油断して日焼けしてしまっても肌の再生が進みみるみる元通りになっていきます。これらの3つの栄養素を安定して摂取するには、かなり気を使わなければいけませんし、経済的にも厳しい場合があります。こういったことを考えると抹茶でビタミンの栄養素を補うのはとっても手軽でおすすめなのです。暑くなる夏の時期には抹茶を常飲する習慣をつけておくといいかもしれませんね。

日焼け時は食品添加物に要注意です

こまめに日焼け止めクリームを塗ってるのになぜか日焼けしてしまう。なんで効果が感じられないんだろう?
まだ夏も本番になっていないのにすでにガッツリ日焼けしてしまって、肌の露出が恥ずかしい。
これらは、夏になると気になるポイントですよね。日焼けしやすい人は毎年頭を悩ませてしまいますよね。

女性として美しくあるためには、ある程度肌のことを考えるのは必須です。紫外線対策をきっちり行ったり、睡眠をしっかりとるなど色々な方法で頑張っていると思います。日焼け止めや日傘、日焼け対策用のサプリなど色々なグッズがありますが、これらを意識して使用しているのに自分だけが日焼けしてしまうのはどうしてなんでしょうか?

同じ商品を使用している人との違いが出るのはなおさら不思議ですよね。
そんな時にはこれを見直してみようというものがあります。何だかわかりますか?
こたえは食品添加物です。あまりに身近な成分ですので自炊以外では防ぐことは難しいですよね。外食の多い人なんかは日常的に摂取してしまってるでしょう。

食品添加物の作用とは?

食品添加物は老化の促進をすると有名なものですが、実は気になることは老化の促進だけではありません。他の気になるポイントとしては、メラニンを多く生成するところでしょうか。食品添加物は肌の新陳代謝を妨げたり、メラニンを生成することでシミを多く作り出すことでも知られています。食品添加物は今では外食チェーンやコンビニ、スーパの商品など至る所で使われています。自炊がめんどうな時には強い味方となるスーパーのお惣菜ですが、それが日焼けの原因になってしまうかもしれません。

完全に食品添加物を摂らないというのは難しいかもしれませんが、極力避けるようにはしておきましょう。間違っても、インスタント商品やコンビニのパンだけで食事を済ませないようにしましょうね。

日焼けの肌トラブルを促進する4つの成分とは?

せっかくみんなでプールに行く予定があるのに、とても日焼けしていて水着を着るのが恥ずかしい・・
いつもきっちり日焼け対策を行っているのに、なぜだかいつも焼けてしまう・・
など、日焼けで悩んでいる方はとても多いと思います。

紫外線は日焼けの元となる女性の大敵ですよね。肌にダメージを与えた上に、日焼けして黒くなってしまうしシミも出来てしまうと散々です。それを受けて、薬局やドラッグストアではかなりのかずの紫外線対策商品が発売されていますが、これをつかっても100%防ぐのは難しいです。かならずなんらかの影響は受けてしまいます。

しかし、日焼けも人それぞれで、日焼け対策商品の効果を感じられないという方は、もしかすると日焼け時にあまり良くない成分を摂取している可能性があります。紫外線の強い季節には避けた方が良い成分があるのをしっていますか?ここでは代表的な4つの成分を紹介します。

気をつけたい4つの成分

その4つの成分とは、アルコール、ソラレン、食品添加物、薬の副作用です。アルコールは結構を促進する作用があるため、いつもより日焼けの炎症が悪化してしまいます。ソラレンには光毒性があります。そのため、朝ごはんやおやつにフルーツを食べる時は、バナナなどに替えるといいですね。ソラレンは果物や野菜に多く含まれており、みかんやきゅうりが代表的な食材ですね。食品添加物には活性酸素を作り出す作用がありますので、注意しましょう。気づかずに摂取し続けるとよくありませんので、自炊などで対応しましょう。
また、薬の副作用として日光アレルギーが引き起こされることがあります。もちろんすべての人に当てはまるというわけではありませんが、注意しましょう。何らかの薬を常用しているかたは、まめに日焼け止めを使用したり、日傘などで日光を防ぐ工夫をしましょうね。

これらの成分を日ごろから意識しておくことで、日焼けの症状を早目になおすことが出来ますので少し意識してみましょう。